ポケモンコマスターで、ミュウの活躍が話題に尽きません。

 

理由は、パラメータ修正により、デオキシス対策に有効となったからです。

 

では、何故ミュウツーは特別な存在になれなかったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ミュウのパラメータが修正された理由

コマスターに参戦した当初も、ミュウは注目されたポケモンでした。

 

その頃は、金ワザが導入されて間もない時期です。

 

そんな中、ミュウは金ワザの面積が50%もあったため、貴重な金ワザポケモンでした。

 

MP3の機動性を活かして、そのままゴールを狙うことも可能でした。

 

しかし、フィギュアの数が多くなる頃、パワー不足が顕著に現れてしまい、使われることが少なくなりました。

 

その代わりに登場したがゲッコウガです。

 

ゲッコウガはギャンブル性の高いポケモンですが、それでも金ワザの威力が無限に上がる可能性があり、ミュウよりは高火力でした。

 

時が流れるにつれ、ミュウを使うプレイヤーはほとんどいなくなりました。

 

すると、公式からこんな発表がありました。

 

ミュウは特別なポケモンです。今回、『ハイパーソニック』に追加効果として、過大な衝撃を受け流す能力を与えました」

「新しい青ワザ『シャトルフリップ』も、相手の攻撃を受け流して攻撃に転じるものです。ミュウは特別な存在であり続けます

 

以上の理由から、ミュウはデオキシス封じの能力を手に入れたのです。

 

何故、ミュウツーは特別な存在になれなかったのか?

『ドラゴン』タイプ最強という位置づけがされているレックウザは、めでたく強化されています。

 

ところが、ポケモン最強と謳われたミュウツーは、まったく強化されていません。

 

無論、活躍が目まぐるしいわけでもないので、ほとんどのプレイヤーに使われていません

 

ミュウツーが使われない理由は、数多くあります。

 

1つ目はパワー不足です。

 

最強であるはずのミュウツーは、『サイコキネシス70』しかありません。

 

確かに、70ダメージは激戦区ですが、高火力アタッカーの激戦区は100ダメージなので、遠く及びません。

 

2つ目は『サイキックブロー』の中途半端な優先度です。

 

★★は、もっともドローゲームにされやすい優先度です。

 

カメックスの『ミラーコート』、デオキシスアタックフォルムの『じげんスリップ』・・・とにかく潰されやすいです。

 

効果が良いだけに、非常に残念なところです。

 

最後に、青ワザの『しょうめつ』です。

 

公式では『しょうめつ』の説明を「攻めから守りに転じることができる青ワザ」と表現していますが、そんな器用な使い方を狙ってできるプレイヤーは、未だかかつて見たことがありません

 

肝心な時に『しょうめつ』が出てしまうと、ゴールを狙えなくなるばかりか、ブロックを下げてしまうことにも繋がります。

 

コマスターにおいて、ミュウツーは特別な存在ではないのです

 

スポンサーリンク

まとめ

ミュウ、カイリキーヘラクロスマフォクシードダイトスグラードンのパラメータが見直されました。

 

ぜひ、ミュウツーにも市民権を与えて欲しいものです。

 

デオキシスならまだしも、ランクルスに負けるミュウツーは正直みたくありません。

 

ミュウツーも特別な存在にしてもらえたら・・・と思います。

 

関連記事

ランキングを海外勢が独占!日本プレイヤー負けるな!

ポケモンコマスターの感想と評価まとめ!デオキシスが現環境を支配するEXのみの世界

ポケモンコマスターの最強デッキ考察!現環境まとめ

フィギュア一覧

プレート一覧

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク