かつてはコイルヤミカラスニャースが使われていた時代もありましたが、現環境に適応できずに消えていきました。

 

それを考えると、ミニリュウは息が長いフィギュアといえるかもしれません。

 

スポンサーリンク

ミニリュウは序盤から使われ続ける数少ない現役フィギュア

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

ミニリュウは、ドン・ロジャー(ボルケイノのオーナー)に勝利することでゲットすることができるフィギュアです。

 

当時は、80ダメージを与えられるフィギュアは多くなかったので、ピース面積が狭くても採用されていました。

 

何より、『かみかくし★★』で相手をベンチ送りにできるため、非常に重宝しました。

 

ところが、時代の流れとともに80ダメージは当たり前となり、『かみかくし★★』以上のスペックを持つ紫ワザが登場してしまい、ミニリュウも廃れていきました。

 

しかし、パラメータ修正が行われてから徐々に採用率を伸ばし始めています。

 

その最大の理由となるのが、『いてつくしっぽ30』です。

 

『いてつくしっぽ30』は自分が気絶する代わりに、相手を『こおり』状態にすることができます。

 

しかも、その面積は4割強となっているため、相手を特殊状態にしやすいです。

 

さらに、紫ワザ『かみかくし★★』も健在なので、相手はミニリュウに攻撃しづらいのです。

 

このことから、ミニリュウはゴールキーパーをやらせると役立つポケモンです。

 

ゴール前で相手を『こおり』状態にできれば、孤立無援状態にすることができるため、コマを1つ減らせることができるわけです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ただし、ミニリュウの進化系はなかなか曲者です。

 

進化ボーナスを得てもダメージがそこそこしか上がりませんし、そもそも限定フィギュアなので持っている方は少ないです。

 

そのため、ミニリュウのまま採用する方が多いようです。

 

それでも入手したい方は、2017年のクリスマストレボでカイリューが入手可能となっています。

 

スポンサーリンク

関連記事

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る