オドリドリめらめらスタイルの登場により、2進化を現実的に狙えるようになりました。

 

今まで進化させたかったポケモンたちをランキング形式で紹介していきます。

 

スポンサーリンク

第5位 ブーバーン

色々な気絶ワザがありますが、ブーバーンの『フレイムガン★★』以上に優れた紫ワザはありません。

 

対戦相手と一緒に後ろのポケモンも貫けるので、序盤では大いに役立ちます。

 

ただ、『ほのおのパンチ60』が少々火力不足なので、採用率が低めになっていました。

 

しかし、これがオドリドリめらめらスタイルのサポートで2進化できれば、80ダメージとなるため安定します。

 

更に、『フレイムガン』の優先度が★★★★になるため、紫ワザ同時で負けることはなくなるのです。

 

一度は使ってみたいポケモンといえるでしょう。

 

第4位 ジバコイル

ジバコイルは、特性の効果で+20になれますし、進化すればMP+1となります。

 

ジバコイルデッキこそ、オドリドリめらめらスタイルの進化サポートの恩恵を受けやすいデッキといえるでしょう。

 

進化前を複数入れると進化しづらくなるのが通例でしたが、めらめらスタイルならそれも可能にしてくれます。

 

第3位 ソルガレオ&ルナアーラ

やはり、ソルガレオルナアーラは非常に魅力的ですよね。

 

120ダメージの『メテオドライブ』、140ダメージの『フレアドライブ』が飛んで来たら、相手のポケモンは対応できません。

 

ルナアーラに至っては、特性『ファントムガード』の効果により、160ダメージまでは貫けないフィギュアに変貌します。

 

ポケセン送りにできる『シャドーレイ』も優先度★★★★ですので、もはや怖いもの知らずですね。

 

第2位 ゲンガー

ゲンガーはそのまま使えるポケモンですが、2進化することができるとんでもないフィギュアです。

 

120ダメージの『ナイトヘッド』を備えたら、ゲンガーに手出しできるポケモンは限られてきます。

 

しかも、ゲンガーはメガシンカできるため、更に強化されるわけです。

 

ゲンガーの人気は、更に高まりそうです。

 

第1位 御三家

ランキングと言いつつ、複数のポケモンを意味する御三家の言葉を使うのはどうかと思いましたが、それぐらい期待度が高い部分であることは共感できることでしょう。

 

あのオーダイルでさえ、『スピードきょうか』でサクサク移動できるようになります。

 

40ダメージずつ上がるゲッコウガ、70ダメージずつ上がるリザードン……手に合えないですよね。

 

150ダメージの『フレアドライブ』を叩き出すバシャーモを誰が止められるでしょうか?

 

このように、御三家は今まで叶わなかった夢のようなステータスを手に入れることができるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

オドリドリめらめらスタイルの登場は、現環境に進化要素を投じる存在となりつつあります。

 

めらめらスタイルは『ほのお』ポケモンを強化できるので、『ほのお』ポケモンの進化を狙うと良いかもしれません。

 

もちろん、複数の進化ポケモンを入れることはデメリットにもなりますが、それでも2進化を狙えるのは魅力的ですよね。

 

ぜひ、今まで注目されて来なかったポケモンを進化で強化してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

ポケモンコマスターの最強デッキ考察!現環境まとめ

コマスターのトップページに戻る