ハッサムとメガハッサムのダメージが+20の上方修正が行われます。

 

ただし、今後の環境の変化を考えると、もしかすると物足りない可能性も出てきました。

 

スポンサーリンク

メガハッサムの強化は6月の新フィギュア実装を考えると物足りないか?

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

もともと、ハッサムメガハッサムの火力が抑え気味なのには理由がありました。

 

それは、メインウェポンの追加効果です。

 

ハッサムの『シザークラッシュ』、メガハッサムの『フェイタルクラッシュ』は、相手に『クラックマーカー』が付いていれば追加効果を与えることができます。

 

『シザークラッシュ』なら気絶、『フェイタルクラッシュ』ならデュエル除外を狙えるのです。

 

そのため、火力がなくても便利なワザでした。

 

そして、今回のバランス調整によって高火力になりましたので、ハッサムとメガハッサムの採用率も高くなることが予想されます。

 

ただし、それは6月の新フィギュアによって話が変わってくるかもしれません。

 

6月には、『ほのお』デッキが盛り上がりを見せることが公式から告知されています。これは、ハッサムには不利な環境といえます。

 

何故なら、『シザークラッシュ』『フェイタルクラッシュ』の追加効果は、『ほのお』タイプには無効だからです。

 

しかも、『ほのお』ポケモンのワザには『やけど』を付加させるものが多いため、ハッサムとメガハッサムも例外なく火力を下げられます。

 

そうなったとき、今回の+20の上昇は少し物足りない可能性が出てくるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ハッサムとメガハッサムのワザピース構成も注目すべきポイントです。

 

『マヒ』『やけど』の影響を受けやすいため、やはり『ほのお』デッキには弱いといえるでしょう。

 

ハッサムを採用するなら、更なるダメージ強化か火力を減らさない工夫が求められそうです。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク