カプ・コケコを対策するために、多くの方はすり抜け防止を考えます。

 

ただ、中には実にシンプルな対策を用いているユーザーもいます。

 

それは、カプ・コケコで先制攻撃することです。

 

スポンサーリンク

カプ・コケコ対策はカプ・コケコ?後手の先制攻撃はアリかナシか?

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

相手に初手を取られた時、カプ・コケコを進軍させるように打つ戦術は、もはや見慣れた光景ですね。

 

これをされた場合、こちらは『フェアリー』タイプをブロックとして出す必要があります。

 

もし、いない場合は、ゴール近くにポケモンを寄せる守りの態勢を取ることになります。

 

ただ、それをしてしまうとエントリーポイントを譲ってしまうので、相手の思いどおりというわけです。

 

これでは、先手のほうが優勢となってしまいます。

 

そこで考案された方法が、カプ・コケコをカプ・コケコで攻撃するという戦の守り神らしい戦術です。

 

カプ・コケコは攻撃を仕掛ける場合は+30になるため、守りのカプ・コケコと戦えば勝率が高いのです。

 

この場合に攻め側が負ける可能性は、『でんこうせっか30』VS『ワイルドボルト69』となります。

 

ただし、『でんこうせっか30』はチェインで上げることができるため、最終的にはダメージワザで負けることはなくなります

 

そのため、守り側が助かる方法は青ワザを繰り出すか、攻め側が青ワザを出してしまうかのどちらかとなります。

 

もちろん、その対策として攻め側は『ダブルチャンス』を使用するため、成功する確率はさらに上昇するのです。

 

後手が初手に攻めるリスク

確率だけでいえば、攻め側のカプ・コケコのほうが有利です。

 

ですが、やはり初手で攻めるリスクは存在します。

 

仮に避けられてしまうと、『ハードルジャンプ』でチェックをかけられてしまいます。

 

もちろん、もう1度仕掛けるチャンスはありますが、何が起こるか分からないのがコマスターです。

 

2度目も失敗したら、その瞬間にゲームセットとなります。

 

スポンサーリンク

まとめ

後手のカプ・コケコが相手のカプ・コケコに攻撃を加えることは、確率だけで言えば勝率の高い行動です。

 

ただし、互いに青ワザを持っているため、失敗のリスクがないわけではありません。

 

片方のエントリーポイントを潰されても、守りのカプ・コケコを排除するのは簡単です。

 

そのリスクを背負って先手必勝の戦術を行うか、堅実に陣地を守っていくかは、あなた次第です。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク