クレベースデッキはマイナーデッキのため、あまり利用されることはありませんでした。

 

しかし、キュレムの登場により、クレベースデッキの需要が高まっているようです。

 

スポンサーリンク

クレベースデッキにキュレムを加える『こおり』デッキが人気

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

クレベースデッキとは、クレベースカチコール3体を組み合わせたデッキのことです。

 

クレベースは、『こおり』ポケモンか『こおり』状態のポケモンと入れ替わることができます。

 

そして、カチコールはフィールドにいるクレベースの近くに移動できるため、相手を『こおりのキバ』で『こおり』状態にしてクレベースの活路を開くことができます。

 

カチコールが接触していれば『こおり』が融けることはありませんので、相手のコマを封じることも可能でした。

 

ただ、1ターンという限られた時間だと、うまくコンボが決まらない場面が多かったため、なかなか採用しづらいのが現状でした。

 

しかし、キュレムの登場でクレベースデッキは強化されました。

 

キュレムは2歩以内のポケモンの『こおり』状態をタップできなくするため、カチコールよりも広い範囲をカバーできるのです。

 

その間に、『こおり』状態のポケモンにカチコールを隣接させておけば、キュレムがその場に居座る必要はないため、新たな獲物を狙うために移動することができます。

 

何より、カチコールが『こおりのキバ』で『こおり』状態をまき散らしてくれるため、相手を『こおり』状態にしやすいのです。

 

ただし、カチコールはすぐにやられてしまうので、バトルに適したキュレムを2体入れておくと安心です。

 

フロストロトムも相性が良い

キュレムと入れたクレベースデッキに、フロストロトムも入れることができます。

 

れいぞうこ』のプレートを使用することで『こおり』タイプが増えるため、クレベースの特性と相性が良いのです。

 

また、フロストロトムの『ふぶき90』は隣接ポケモンを『こおり』状態にできるため、キュレムとも相性バッチリなのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

キュレムは単体でも強力ですが、『こおり』状態を維持できる強みがあります。

 

それを最大限に発揮するのなら、クレベースデッキを採用するのが1番です。

 

カチコールは『すてみタックル★★』も備えていますので、相手がUXだろうと気絶させることができます。

 

ぜひ、キュレムを入れたクレベースデッキを採用してみてはいかがでしょうか。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク