現在のコマスターは、すり抜けが当たり前となっています。

 

苦手な方も多くいるようですが、このおかげでチャンスに恵まれたキープレートもあります。

 

それは『カウンターアタック』です。

 

スポンサーリンク

現在はカウンターアタックが使いやすい環境

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

カウンターアタック』の存在を忘れている方もいると思いますので、ざっと効果を説明しておきます。

 

『カウンターアタック』は、自分の両方のエントリーポイントを相手に潰されたときのみ発動できるプレートで、使用したポケモンはMP+1となります。

 

つまり、その名の通りカウンターを相手に仕掛けることができるわけです。

 

そして、この効果は現環境だと発動しやすいといえます。

 

何故なら、現在はすり抜けに依存したポケモンが大半を占めており、簡単にエントリーポイントまで到達されてしまうからです。

 

こちらが意図しなくても、あっと言う間に埋まってしまうため、『カウンターアタック』の発動条件が整うわけです。

 

そして何より、その『カウンターアタック』の適任であるMP3すり抜けポケモンのカプ・コケコも登場したことから、この効果を決めやすくなっているのです。

 

カウンターアタックの使い方とデメリット

『カウンターアタック』で狙うべきは、MP4という移動力を活かして相手のゴールを奪うことです。

 

これがもっとも格好よい使い方といえるでしょう。

 

しかし、そううまくはいきません。

 

対戦前にプレートを確認されていますので、その作戦を読まれているからです。

 

なので、『カウンターアタック』の正しい使い方はゴールキーパーを一撃で倒す可能性があるポケモンを移動させることです。

 

ゴールキーパーをうまく払いのけた場合、相手は『カウンターアタック』のポケモンを排除しなければチェックメイトとなるからです。

 

そして、こういう状況を作り出すためには、エントリーポイントを潰される前のターンの行動が重要となります。

 

つまり、次のターンで相手にエントリーを奪われることを前提に『カウンターアタック』を使用するポケモンを前へ出すというわけです。

 

かなり勇気のいる行為ですが、こうした動きをしておくことで『カウンターアタック』を仕掛ける環境を整えることができます。

 

ただし、『カウンターアタック』には最大のデメリットがあります。

 

それは、そのターンでゴールキーパーを払いのけなければ万事休すとなることです。

 

それはそうですよね。両方のエントリーポイントが埋まった状態であり、こちらは次のターンで確実に攻められてしまうからです。

 

このデメリットを最小限にするためにも、『カウンターアタック』を使用するポケモンは考える必要があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

『カウンターアタック』を使用するということは、他のプレートを使用できないことを意味します。

 

そのため、使用したポケモンのワザで勝負を決めなければなりません。

 

やはり、メガゲンガーのようなポケモンだと『カウンターアタック』も安心して使うことができるでしょう。

 

リスクは高いですが、決まったときの優越感は格別となりますので、ぜひ『カウンターアタック』を使ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る