3DSのポケモンでは、弱いと言われ続けているフライゴン。

 

にも関わらず、根強いファンが多いポケモンでもあります。

 

そして、コマスターにおいては環境に刺さる強いポケモンとなります。

 

スポンサーリンク

ビブラーバはデオキシススピードフォルムを止めることができる

ビブラーバの効果にいまいちピンと来ない方のために、その驚くべき特性『しんどうおん』を解説します。

 

特性『しんどうおん』は、ビブラーバの隣りをMP移動できなくなります。(そのターンのみ)

 

つまり、通路の真ん中に移動させておけば、中央からの侵入を防ぐことができるわけです。

 

現環境において、それがもっとも効果的に発揮できる相手がデオキシススピードフォルムとなります。

 

スピードフォルムは、1ターン目はMP4という恐ろしいポケモンです。

 

次のターン、確実にゴールを狙える移動力となります。

 

なので、中央の通路にビブラーバを置いておきます。

 

すると、スピードフォルムは迂回しなくてはならず、遠回りする結果となるわけです。

 

ビブラーバが2匹いれば、ほぼ動きを封じることも可能です。

 

フライゴンはサンダー、ファイヤー、フリーザーの能力を封じる

デオキシスと合わせて入れられる人気ポケモンは、やはりサンダーファイヤーフリーザーの三鳥です。

 

この3匹は特性『ひしょう』を持っているため、相手をすり抜けてMP移動することができます。

 

かなり便利な能力であるにも関わらず、白ワザ(金ワザ)ダメージも高いため、止めるのは苦労するポケモンとなります。

 

そんなとき、フライゴンがオススメです。

 

フライゴンをビブラーバから進化させることができれば、特性『すなふぶき』の追加効果を発動することができます。

 

それは『ひしょう』能力の封印です。

 

これにより、サンダー、ファイヤー、フリーザーの個性を奪うことができるのです。

 

さらに、紫ワザの『りゅうせいぐん』が強力です。

 

白ワザ70以上も気絶対象となるので、デオキシスアタックフォルムにぶつけると良いでしょう。

 

フライゴンの進化のタイミングには気をつける

ここで注意しなければならないことは、ビブラーバからフライゴンの進化のタイミングです。

 

進化させてしまうと、ビブラーバの『しんどうおん』がなくなってしまうわけです。

 

もし、相手のポケモンに特性『ひしょう』がなければ、無理に進化させる必要はないともいえます。

 

状況に応じて、進化させるかどうかを考える必要があるのです。

 

もしくは、ビブラーバを2体用意して、フライゴン用と分ける作戦もあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

ビブラーバは『ちょうおんぱ★★』『マッドショット40』も備えており、完全なる妨害専用ポケモンです。

 

ダメージの威力が競われている現環境では、真っ向から対立するポケモンといえそうです。

 

本家で「変化技が好き」という方には、持ってこいのポケモンです。

 

ぜひ、フライゴンと合わせて使ってみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

コマスター最強デッキ考察

コマスター感想・評価まとめ!デオキシスが現環境を支配するEXのみ世界

フィギュア一覧に戻る

プレート一覧に戻る

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク