鋼チームマッチで第4回目となりますが、ついに2位と3位が入れ替わる逆転劇が発生しました。

 

これは、変わり映えしないチームマッチが変化しつつあるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

鋼チームマッチの結果発表!まさかの3位にルカリオチーム

『1日目中間発表』

 

コマスター勢の大方の予想どおり、ハッサムチームのダントツ1位から始まった鋼チームマッチとなりました。

 

そして、1日目はエンペルトが2位、ルカリオが3位というのも予想できたことでしょう。

 

理由は、『おまかせボタン』が登場したからです。

 

『チャージブースター』目当てのユーザーが選択したことでエンペルトチームに流れ、ルカリオチームよりもチームパワーが上回るからです。

 

ただし、これは数が上回っているわけではありません

 

『2日目中間発表』

 

それを裏付けるように、2日目では数によってptsの差が縮まっています。

 

実は、この数時間後にはルカリオチームが2位になっています

 

つまり、チャージブースターの個数が尽きれば数に圧倒されてしまう……それがチームマッチなのです。

 

ところが、今回はそういう結果にはなりませんでした▼

『最終結果発表』

 

僅差ですが、なんとエンペルトチームが巻き返したのです。

 

これは、今までのチームマッチでは前例がない逆転劇といえるでしょう。

 

こうなった要因は、2つあると考えられます。

 

1つ目は、中間発表時に与えられるのがチームパワーの他にチャージブースターも増えた点です。

 

第1回と第2回ではチームパワーだけで、第3回はチャージブースターが1つ配布されました。

 

そして今回は個数が表示されていなかったため、2位と3位の配布された個数に差があったのではないかと予想できます。

 

2つ目は、『おまかせボタン』を利用したトップランカーの割合が多かった点です。

 

勝率の積み重ねが逆転を生んだわけですね。

 

こういった要因のおかげで、エンペルトチームは2位になることができたのでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

とはいえ、チームマッチの課題がなくなったわけではありません。

 

結局のところ、1位を倒す術はないことを立証してしまった形ともいえます。

 

ユーザーの質やチャージブースターの個数程度では、1位ぐらいの数に勝ることができなかったわけです。

 

この部分をどう解決するかで、チームマッチの面白さが変わってくることでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る