グソクムシャの採用率が、じわじわ増えています。

 

少し癖があるポケモンですが、強化方法を間違わなければ非常に強力なポケモンといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

グソクムシャが水デッキの新たなアタッカーになる

『出典・コマスター公式ツイッター』

 

まずは、グソクムシャの特徴をおさらいしておきます。

 

ワザ構成は、白ワザ100と金ワザ50です。

 

紫ワザがないため、高確率でダメージを与えられるアタッカーというわけです。

 

しかも、グソクムシャには『つるぎのまい』がありますので、火力が2倍まで高めることができます。

 

これにより、EXポケモンも射程に捉えることが可能です。

 

ただし、グソクムシャはMP1のため、すいすいと動けるポケモンではありません。

 

また、『つるぎのまい』を積まないとEXにギリギリ勝てない場合があります。

 

そのため、これらをサポートするポケモンが必要となります。

 

それが、カプ・レヒレマナフィです。

 

カプ・レヒレがいれば、『みず』ポケモンを『ロングスロー』のようにベンチから放り投げることができるため、グソクムシャのせいでエントリーポイントが詰まるということはありません。

 

また、マナフィを採用することでダメージが+20になるため、『つるぎのまい』が発動しなくても120ダメージを出すことができるようになり、安定してEXポケモンと渡り合うことができるのです。

 

本格的な『みず』デッキを構築するのなら、メガラグラージの効果を利用して更にパワーアップさせるのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

グソクムシャの注意点

ただし、グソクムシャを運用する場合の注意点があります。

 

それは、味方に依存しやすいということです。

 

カプ・レヒレがフィールドにいなければ、グソクムシャはエントリーポイントから1歩ずつ歩いて進むことになります。

 

すり抜けMP3が多い現環境で、それは命取りといえるでしょう。

 

ただ、バトル中に必ずしもグソクムシャが動きやすい状況を作り出せるわけではありません。

 

そのため、保険として『ポケモン入れ替え』のプレートを採用するといった工夫は必要となりそうです。

 

スポンサーリンク

関連記事

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る