2017年に公開することが決定した、劇場版ポケットモンスター『キミにきめた』。

 

無印アニメのリメイクでもある今作で、かつての仲間のタケシやカスミは登場するのでしょうか?

 

そして、ピカチュウと同等のパートナーでもあるリザードンとの出会いも描かれるか、注目が集まっています。

 

スポンサーリンク

『キミにきめた』劇場版はアニメ第1話のリメイクから始まる

『出典・ポケットモンスター公式サイト

 

劇場版『キミにきめた』は、サトシがマサラタウンから旅立つためにピカチュウを貰うところから始まります。

 

オーキド博士が用意した4匹のポケモンからピカチュウを選ぶ・・・のではなく、余りものがピカチュウでした。(つまり、厳密なタイトルは『キミにきめた』というより『キミを選ばざるを得なかった』だったりします・・・)

 

ピカチュウはボールに入りたがらない性格であり、何よりサトシのことが嫌いでした。

 

しかし、サトシは身を挺してピカチュウを守ったりするうちに、2人の間に強い絆が結ばれていくのです。

 

この記念すべきポケモンアニメ第1話を、劇場版『キミにきめた』ではリメイクという形で上映します。

 

ホウオウと出会うオリジナルストーリー

もちろん、映画で30分間のアニメ第1話を流しただけでは、尺が足りません。

 

実はその続きがあり、サトシとピカチュウがホウオウに出会うその後が描かれています

 

これは、ポケモンファンが20年間待ち望んでいた結末でもあります。

 

今まで、1度たりともアニメと映画で出てこなかったホウオウ(ただし、ミュウが化けて登場したことはある)に、ついにサトシとピカチュウが出会うのです。

 

最終回でなければ出会わないと言われていたホウオウの解禁に、ポケモンファンの間では期待の声が大きくなっているようです。

 

オーキド博士、シゲルは出演確定

そこで気になるのは、劇場版『キミにきめた』にどのキャラクターが出演するのか、ということでしょう。

 

そこでほぼ確定しているのは、オーキド博士とシゲルです。

 

オーキド博士からピカチュウを貰う必要がありますし、そもそも声がすでに映画予告で使われています。

 

シゲルもまた、サトシより先にオーキド博士からポケモンを貰う必要があるので、ほぼ確定だと思います。

 

リザードンやタケシ、カスミは出るのか?

そして、もっとも気になるのがリザードンやタケシ、カスミの存在でしょう。

 

ホウオウに出会うことをメインにストーリー構成をしていく場合、無印アニメで登場したものたちの出演は難しくなります。

 

ただし、サトシは予告編で「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」と語っています。

 

これは言い換えるなら、それまでの冒険の過程が描かれる可能性がある、とも読み取れます。

 

つまり、進化前のヒトカゲとの出会い、そしてタケシやカスミとのジムバトル、別れも描くでしょう。

 

その後に、ホウオウと出会うストーリーに続くと思われます。

 

スポンサーリンク

まとめ

この作品は、平成生まれのキッズたちに見せるための映画だと言えます。

 

キャッチコピーが『あなたは知っていますか?ふたりの出会いを。』ですので、間違いありません。

 

つまり、無印アニメのストーリーを見せる可能性は十分あります。

 

そこに必要不可欠な旅の仲間を省くのは、やはりナンセンスでしょう。

 

劇場版『キミにきめた』の上映が今から楽しみですね。

 

ロードショーは2017年7月15日です、楽しみに。

 

関連記事

ポケモンコマスターの感想と評価まとめ!デオキシスが現環境を支配するEXのみの世界

【サン&ムーンアニメ】第16話の感想!アシマリとモクローのコントが面白い!ニャビーはゲットならず

【ポケんち】第73話の感想!ノーマルタイプ王選手権、イーブイのZワザで伝説を倒す

スポンサーリンク