2016年5月2日にユーチューブで『結婚式の二次会でポッ拳が当たった男のはなし』が公開されました。

 

これは、ポッ拳をPRする動画となっています。

 

スポンサーリンク

『結婚式の二次会でポッ拳が当たった男のはなし』の内容

28歳の男は、友達の結婚式に呼ばれて来ていました。

 

しかし、その顔は浮かない様子。

 

人の幸せばっかり祝っている場合ではない・・・そう思っていたからでした。

 

社会に出てから、人との付き合いも遠ざかっていた男にとっては、当然な現実でした。

 

ビンゴ大会の最中、そんなことを思っていた男は司会者に呼ばれます。

 

よく見ると、手元の数字が司会者の叫ぶ数字と一致していました。

 

 

男は自宅に帰ると、景品のWii Uとポッ拳をセットし、ゲームを起動させます。

 

「久しぶりだな」

 

ポケモンをやっていたのは、小学校3年生から6年生の間。

 

操作キャラを決めるにしても、新しいポケモンはよく分かりません。

 

出ているポケモンの中で懐かしい顔がいました、ピカチュウです。

 

対戦相手は・・・見覚えのある、カイリキーを選びました。

 

「おっ、10まんボルト出た」

 

トレーニングの中で、男はポッ拳の楽しさに触れることができました。

 

「ん、通信対戦?」

 

ゲームをまったくやっていなかった男にとって、それは不思議な言葉でした。

 

通信ケーブルでしか対戦を経験したことがないのです、当然と言えば当然です。

 

インターネット対戦は、男にとって未知の世界でした。

 

男は恐る恐る対戦を始めると、対戦相手が見つかりました。

 

表示されたプレイヤーは、チャラ男の雰囲気です。

 

戦いが始まると、コンピュータのように決まった動きはしてきません。

 

トリッキーに攻撃してくるさまを見て、対戦相手が本当に人間であることを知ります。

 

男は、となりにチャラ男がいる錯覚にとらわれます。

 

まるで、一緒にゲームをしているかのようでした。

 

男は、さらに対戦を重ねます。

 

物静かな女性、イケメン、父親と同い年の男性、小太りな小学生、果ては外国人・・・色んな人と対戦しました。

 

コンピュータ戦とは違う緊張感や温かみを覚え、男の口元には笑みが浮かびます。

 

「なんかこの感じ、懐かしいな」

 

それは、『ポケットモンスター赤・緑』をやっていた頃・・・。

 

友達を自宅に呼んで、対戦や交換を繰り返して日々が、男の中で戻っていました。

 

今まで1人だった男にとって、それは人と繋がっていることと同じでした。

 

ポッ拳を夢中でプレイしている男にとって、それは確信に変わりました。

 

また、にぎやかな毎日がやってくる。

 

スポンサーリンク

『結婚式の二次会でポッ拳が当たった男のはなし』の感想

ポッ拳のBGMが流れ、ビンゴゲームにWii Uとポッ拳を景品にしてしまう結婚式ということは、あの2人は間違いなく任天堂さんの社員同士の結婚なのでしょう。

 

さて、この作品は人との繋がりがテーマになっていると言えます。

 

主人公である男は、28歳で独身。おそらく、友達もいないと推測されます。

 

通信対戦で、男は色んな人と関わることができるようになりました。

 

これって、とてもすごいことだと感じます。

 

1人でゲームをするという時代は終わり、遠くにいる友達はもちろん、となりの県や外国の方とさえ友達になることができるのです。

 

共通する趣味の人を近くで探すのは難しいですが、全世界なら簡単に見つかります。

 

それをもっとも近づけているツールは、間違いなくポケモンでしょう。

 

今後も、ポケモンが人と人を繋ぐツールであり続けることを願っています。

 

ユーチューブ動画

結婚式の二次会で『ポッ拳』が当たった男のはなし

スポンサーリンク