ポケモンORASのインターネット大会『イッシュファイナル』の開催が決定しました。

 

その大会ルールや対策ポケモンを考察していきます。

 

スポンサーリンク

イッシュファイナルの概要

エントリー期間

2016年8月18日(木)14:00~26日(金)8:59

開催期間

2016年8月26日(金)9:00~29日(月)8:59

プレゼント

Nのヒヒダルマ

定員数

先着5万名

カテゴリー

ジュニア 2001年1月1日以降生まれ
マスター 2000年12月31日以前生まれ
※ジュニアカテゴリは、23:00~翌6:00までは対戦不可。

対戦形式

トリプルバトル

使用できるポケモン

全国図鑑1~649ポケモン(イッシュまで)

※ただし、伝説、幻は不可(準伝説は可)

※レジギガスは可

※カロスマークなしのポケモンも可

道具

道具を持たせることはできるが、メガストーンは不可

※こころのしずくは可

1試合の対戦時間

最大30分

対戦に出すポケモンの選択時間

90秒

1ターンあたりの選択時間

60秒

1日あたりの対戦可能回数

15戦

スポンサーリンク

イッシュファイナルの考察

シンオウダービー』よりも、ポケモンの範囲が広くなったので、対策ポケモンが多岐に渡ります。

 

とはいえ、今回の大会ルールはトリプルバトルです。

 

トリプルでは不向きなポケモンもいるので、対策範囲はグッと狭まるでしょう。

 

カントーからシンオウのポケモン対策はこちらの記事にまとめています。

 

ジャローダ

隠れ特性『あまのじゃく』で。『リーフストーム』をすればするほど『とくこう』が上がっていきます。

 

ただし、HPが少ないので、一撃で倒すことが可能です。

 

それを補うために、道具は『きあいのタスキ』がほとんどです。

 

レパルダス

『ねこだまし』『アンコール』など、サポートポケモンとして優秀です。

 

タイプ一致の『イカサマ』も侮れません。

 

稀に『ねこのて』で『ダークホール』を放ってくるレパルダスもいるので、ドーブルと一緒にいる場合は要注意です。

 

バオッキー

対策をするほどのポケモンではありませんが、間違いなくネタで入れてくる方は多いと思います。

 

ドリュウズ

タイプ一致の『じしん』が強力。

 

『こうげき』の種族値が135あるので、物理に耐性がないポケモンは大ダメージを食らいます。

 

ただし、弱点が多いポケモンなので、こちらが『じしん』を放てば倒すことが可能です。

 

エルフーン

特性『いたずらごころ』持ちなので、サポートポケモンとして最高レベル。

 

一番厄介なのが、『おいかぜ』と『トリックルーム』のどちらでも覚えることができる点です。

 

判断を誤ると、『すばやさ』の優先度を支配されてしまうので、見定めて行動しましょう。

 

デスカーン

特性『ミイラ』により、触れてきたポケモンの特性を『ミイラ』にしてしまいます。

 

つまり、特性を失うということです。

 

交換で出てくるパターンが多いので、弱点を突けると思って攻撃するとデスカーンが登場し、痛い目を見ます。

 

デスカーンは『とくぼう』のほうが低いので、『シャドーボール』『あくのはどう』なら大ダメージを与えることができます。

 

ゾロアーク

打たれ弱いポケモンですが、特性『イリュージョン』で他ポケモンに化けれるので、1ターンをしのぐことが可能。

 

その間に、『とくこう』『すばやさ』の高さを利用し、先制して特殊技を繰り出してきます。

 

手持ちの見せあいの時、ゾロアークがいたら要注意です。

 

ゴチルゼル

耐久性の高さを利用して『トリックルーム』を確実に決めてきます。

 

メガゲンガーが出場できないので『ほろびのうた』パーティで登場する可能性は少なそうですが、頭に入れておいて損はないポケモンです。

 

モロバレル

『いかりのこな』で技を誘導できるので、自軍アタッカーを守るのに適したポケモン。

 

『キノコのほうし』で相手を確実に眠らせられるので、これほど心強いポケモンはいません。

 

ただし、『ちょうはつ』をされると何もできなくなります。

 

オノノクス

『りゅうのまい』をされると無双状態となります。

 

タイプが『ドラゴン』のみなので、タイプ一致の『こおり』『フェアリー』の特殊技でなければ一撃で倒すことが難しいです。

 

ただし、『ふいうち』『こおりのつぶて』などの先制攻撃なら無力化できます。

 

キリキザン

『いのちのたま』持ちの『ふいうち』が強力で、一撃で相手を倒すことができるケースも多々あります。

 

耐久性は低いですが、弱点を狙わないとほとんどの技を半減できるのも魅力です。

 

また、『きあいのタスキ』持ちもいるので気をつけましょう。

 

サザンドラ

最高峰の特殊アタッカー。

 

『りゅうせいぐん』を降らされたら、たとえ弱点を突かれていなくても『きぜつ』する可能性が大です。

 

ただし、『フェアリー』技にはめっぽう弱く、『ドレインキッス』でさえ倒れてしまうでしょう。

 

テラキオン

しょこたんの愛用ポケモン。

 

トリプルでも重要なのは全体攻撃で、テラキオンは『いわなだれ』『じしん』といい技を揃えています。

 

『ふくろだたき』を味方にしてもらい、特性『せいぎのこころ』で『こうげき』ランクを上げるというやり方もあり、油断できないポケモンです。

 

また、ほとんどのプレイヤーは『いのちのたま』を持たせています。

 

ボルトロス

出現率が多いであろうポケモン。

 

特性『いたずらごころ』で『でんじは』『ちょうはつ』を優先して出せるので、『すばやさ』の高いポケモンや変化技に優れたポケモンを無力化できます。

 

『でんき』でありながら『ひこう』も入っているので、『じめん』攻撃を避けることができるのも魅力です。

 

ランドロス

間違いなく、れいじゅうフォルムでの登場です。

 

特性『いかく』で、役目を終えたら『とんぼがえり』して交代します。

 

『じしん』もタイプ一致なので強力です。

 

スポンサーリンク