ポケモンだいすきクラブで『I LOVE コイキングさん』が公開されました。

 

その中で登場する『コイキングのうた』が、あまりに哀愁の漂う仕上がりとなっています。

 

歌の内容に挙げられているコイキングの詳細について説明していきます。

 

スポンサーリンク

コイキングの詳細

コイキングの2つ名

『世界でいちばん弱くて情けないポケモン』という2つ名があるポケモンです。

 

当然、泳ぐ力もなく、緩やかな流れでも逆らうことができずに流されてしまうようです。

 

なので、コイキングは流れのない、よどんだ場所にたくさんいるそうです。

 

生命力は高い

コイキングはバトルでは弱いですが、生き抜く力はどのポケモンよりも強いようです。

 

海、川、池、はては水たまりでも生きながらえることができます。

 

水たまり・・・。そこでピチピチはねていることは、もがいているからではないようです・・・。

 

『はねる』の質は高い

『はねる』ことしかできないコイキング。

 

しかし、それは捉え方の問題のようです。

 

『はねる』ことしかできないのではなく、『はねる』という技を研ぎ澄ましているのです。

 

長年生き続けたコイキングなら、山すらも飛び越えることができるとか。

 

しかし、技の威力が変わらないという謎の技術も備えているようです・・・。

 

スポンサーリンク

天敵はピジョン

はねてばかりのコイキングですが、そのはねた瞬間に、ピジョンに捕獲されてしまうようです。

 

もしかすると、キャッチ&イートされるのかもしれません。

 

かつては強かった

ギャラドスに進化することができるコイキング。

 

タマゴグループが『ドラゴングループ』なので、その体にはドラゴンの細胞があることが証明されています。

 

そして、昔はコイキング自体も強かったという説まで浮上しているようです。

 

その真意を知るものは、誰もいないようです。

 

スポンサーリンク