ポケモンGOのブームは終息しつつあります。

 

海外のリサーチ企業であるコムスコアの発表によると、ポケモンGOのデイリーユーザー数がリリース時の2850万人から500万に低下したと紹介されています。

 

数字だけみれば80%減少ですが、冷静に考えると凄いことが分かります。

 

スポンサーリンク

ポケモンGOは500万人にプレイされている

2017年に入った現在でも、ポケモンGOは500万人の方にプレイされているようです。

 

500万人って想像できますか?

 

トップアーティストがライブを開催しても、100万人も集めることはできません。(そもそも、収容できるスペースがない)

 

日本の人口は約1億2650万人なので、500万人がすべて国内プレイヤーだった場合、25人に1人はポケモンGOをプレイしている計算となります。(日本の人口は2016年のデータを参照)

 

沖縄の人口が144万人なので、沖縄ぐらいの人口の街では57600人のプレイヤーがいることになります。(沖縄の人口は2016年のデータを参照)

 

また、サンムーンの国内売り上げは290万本なので、現在のポケモンGOプレイヤーのほうが多い計算となります。

 

しかも、本家のポケモンは1人で2つ以上買うユーザーが多いので、この数字は更に広がります。

 

このように数字の比較を行えば、現在のポケモンGOプレイヤーの数がいかに多いか、理解できると思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

リリース当時の2850万人は、社会現象を起こしたスマホゲームに相応しい数字といえるでしょう。

 

日本でも公園に人が溢れかえり、人口の少ない地方でさえ、夜中に歩き回るユーザーを何十人も見かけました。

 

今年の夏は、あそこまで盛り上がることはないと思いますが、それでもユーザー数が回復するイベントがあります。

 

それは、伝説のポケモン、幻のポケモンの解禁です。

 

そして、トレード機能の実装もあります。

 

今年の夏もポケモンで決まりですね。

 

関連記事

ポケモンGO攻略トップページ

ポケモンGOのジム戦で最大の敵は味方チームという田舎の悲しい現実

カプ・コケコの物理育成論!特殊より強く、ヒャダインも愛用している

スポンサーリンク