日本版のナイアンティックさんのWebサイトでは掲載されていませんでしたが、公式ツイッターで公開されているアップデート情報もあります。

 

その1つが図鑑のシルエットに関する情報です。

 

スポンサーリンク

図鑑のシルエットとは?

ポケットモンスターシリーズでは共通のシステムです。

 

ポケモン図鑑とは、ポケモンを捕まえることで登録されていくハイテクな道具です→(オーキド博士いわく)

 

なので、捕まえられずに逃がしてしまうと、ポケモン図鑑には登録されません。

 

しかし、そのポケモンの姿だけは確認しているので、名前と姿だけは記録されています。

 

ポケモンGOでも同じであり、捕まえたことがあるポケモンのみ図鑑に登録されていきます。

 

見つけたことがあるポケモンは、シルエットとして表示されているのです。

 

スポンサーリンク

アップデートでジムのポケモンも見かけたことになる

今回のアップデートにより、野生で遭遇したポケモンだけでなく、ジムにいるポケモンを見かけただけでも『見つけた数』に含まれるようになりました。

 

個人サイトやブログによっては『ジムで戦った場合』などと書かれたものもありますが、正確には、ジムの中を閲覧しただけで記録されるようになっています。

 

このアップデートのメリットとは?

ポケモンを以前からやっている方からすれば、姿が見えようが見えまいが関係のない話だと思います。

 

しかし、初心者や初めてポケモンに触れた方ならどうでしょうか?

 

進化形やレアポケモンの姿かたちを確認することができます。

 

心理的な話をすれば、空欄よりもシルエットのほうが収集意欲を駆り立てることが可能だと思います。

 

3DSのポケモンでも、トレーナーバトルで見かけたポケモンも図鑑に記録されていくので、あるべき姿になったと言っても間違いではないのかもしれません。

 

ポケモンGOのトップページに戻る

スポンサーリンク