ポケモンGOで『ナナのみ』、使っていますか?

 

おそらく、使っていないプレイヤーのほうが多いと思います。

 

何故、『ナナのみ』が使われないのか、考察していきます。

 

スポンサーリンク

ナナのみの使い道

『ナナのみ』を使うと、ポケモンが大人しくなります。

 

つまり、バトル中にポケモンがアクションを起こす確率が低くなるわけです。

 

言い換えるなら、ポケモンが完全に威嚇やアクションをやめるわけではないのです。

 

ここが『ナナのみ』の使われない理由となります。

 

何故なら、道具を使ったのに100%の効果が発揮されないからです。

 

レベルアップでも入手可能だが、いらないので捨てられる

『ナナのみ』が実装されてからトレーナーレベルがアップすると、『ズリのみ』の代わりに『ナナのみ』が貰えるときもあるようです。

 

・・・本当に残念な仕様であり、すぐに捨てるトレーナーが続出です。

 

『ナナのみ』を使ってゲットするのなら、『ズリのみ』を使ったほうが効果的です。

 

『ナナのみ』を使うタイミングがあるとすれば、相手が『ズリのみ』を使う必要がないゲット率であり、『パイルのみ』を使う必要がないマイナーなポケモンとなります。

 

だったら、時間短縮でボールを投げてしまうトレーナーが正しい形となります。

 

スポンサーリンク

まとめ

『ナナのみ』でポケモンが完全にフリーズするのなら、使われる可能性が大きくなります。

 

とくに、左右に移動する『みず』ポケモンが相手だと使いたくなりますね。(トサキント、メノクラゲ、タッツーなど)

 

ぜひ、効果の改善を検討してもらいたいものです。

 

でなければ、『ナナのみ』は捨て専用道具となり果ててしまいます。

 

関連記事

ポケモンGO攻略トップページ

ポケモンGOのジム戦で最大の敵は味方チームという田舎の悲しい現実

ザベストオブエックスワイでシークレットやミラーカードを含む171種類以上のXYポケカが手に入る

スポンサーリンク