ポケモンGOで、『みずタイプ祭り(イベント)』が開催中です。

 

なお、出現ポケモンはこちらのページで紹介しています▼

『みずタイプ祭り』の出現ポケモン一覧表

 

ただ、このイベントは通例のものとは異質な部分があります。

 

それは、ポケモンの出現率が変化していることです。

 

スポンサーリンク

コイキングやミニリュウの出現率が土日に減少

『みずタイプ祭り』が始まったのは、3月23日の木曜日です。

 

『みず』タイプ代表として、コイキングが大量発生していました。

 

また、『みず』タイプでもないのに、ミニリュウもそれなりの数が出現していました。

 

何より、このイベントでは金のコイキングが実装されました。

 

これにより、『みずタイプ祭り』の価値が高まり、多くのトレーナーたちが街中を駆け巡りました。

 

ところが、それは木曜日、金曜日の話です。

 

なんと、土曜日、日曜日には、明らかにコイキングの量が激減しました

 

前回のとんがり帽子を被ったピカチュウは、土曜日、日曜日に数を増やしましたが、『みずタイプ祭り』は逆であり、休日にしかポケモンGOをプレイできない大人のトレーナーを苦しめる結果となっています。

 

月曜日、火曜日はコイキングの量が再び戻っていますが、ミニリュウやラプラスの数は微妙なところでした。

 

水曜の最終日にフィーバーする可能性大

3月29日は、『みずタイプ祭り』の最終日となります。

 

ふとカレンダーを見ると、その日が水曜日であることが分かります。

 

水曜日・・・『水』!?

 

もし、このイベントが平日をターゲットにしているのなら、間違いなく水曜日に何かしらのポケモンがフィーバーする可能性があるのです。

 

それこそ、金のコイキングの出現率が上昇するかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

地域によっては、コイキングが出現しづらい場所も多いようです。(とくに、内陸)

 

この機会に、どれだけ『コイキングのアメ』をゲットできるかが勝負だと思います。

 

まだギャラドスをゲットできていない方、ジムにたくさん配置するために複数ゲットしたい方は、ぜひ最終日も悔いが残らないように歩き回りましょう。

 

関連記事

【ポケんち】第76回の感想!ロバート山本と栗原類のポケモンバトル

ポケモンGO攻略トップページ

スポンサーリンク