ポケモンGOを都会で楽しんでいる方は、バスや電車の中でもポケモンGOをプレイしています。

 

しかし、アップデートのサイレント修正により、現在はそれができなくなっています。

 

スポンサーリンク

時速40km以上でポケモンが出現しなくなる

最近、乗り物で移動しているときに「あれ、ポケモン出なくなった?」と感じる方が多いようです。

 

それもそのはず。サイレント修正により、時速40kmで移動している場合はポケモンが出現しなくなるように設定されています。

 

この状態で右下にある『近くにいるポケモン』を見ると、1匹も表示されなくなっているのが分かります。

 

何故、制限がかけられているのか?

電車やバスではなく、車で移動しながらポケモンGOをプレイしている方をなくすための処置だと思われます。

 

実際に、ポケモンGOのながら運転で事故が発生しており、あちこちで被害が出ているようです。

 

しかし、電車やバスの中でプレイをしている方たちにとっては、窮屈に感じる設定のようです。

 

本当に時速40kmだと出ないのか?

時速が40kmを超えたあたりで、ポケモンの反応は消えます。

 

しかし、走り出しや減速中だとポケモンの反応が復活します。

 

設定は曖昧のようで、多少の前後があるようです。

 

ポケストップも対象なのか?

ポケストップを回すことは可能です。

 

時速がいくら上がろうと、ポケストップから道具を入手できます。

 

もちろん、ポケストップを回すことができる速度なら・・・の話ですが。

 

スポンサーリンク

時速40km以上でのポケモンの出現率まとめ

時間がない方にとっては、電車やバスでの移動時間こそ、ポケモンGOをプレイできる唯一の楽しみだったと思います。

 

どんどん制限が多くなり、窮屈なゲームとなりつつあるのかもしれません。

 

しかし、可能性であっても、誰かが不幸になる事故が減ることは、確かなことだと思います。

 

任天堂さんの元社長だった岩田聡氏は、「外で遊ぶことができるゲームを作りたい」と仰っていたようです。

 

それを実現したのが、ポケモンGOなのです。

 

本来、ポケモンGOは歩いて楽しむゲームであることを、ポケモンGOプレイヤーは忘れてはなりません。

 

ポケモンGOがコンセプト通りに戻ったと考えれば、なんの問題もないアップデートなのかもしれません。

 

ポケモンGOのトップページに戻る

スポンサーリンク