ポケモン総選挙720は1位~100位までしか発表されない予定だったのに、株式会社ポケモンの代表である石原恒和さんに公表されて明るみとなった最下位。

 

何故、最下位がバオッキーだったのか、検証していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

バオッキーが720位だった20の理由

01

ヒヤッキーは笑顔、ヤナッキーは勇ましい。しかし、バオッキーはふざけている印象の顔立ち。

02

バオップとの差は、可愛らしさ。

03

種族値が、ぱっとしない。

04

レアであるはずの隠れ特性が『もうか』。

05

アニメで、悪役に勘違いされたり、落石の下敷きになりそうになるなど、とにかく扱いが脇役。

06

御三家とは違い、似たポケモンが他に2匹もいるので好みが分散しやすい。

07

BWでは序盤で出てくるので、印象が薄い。

08

BWでクリア後に戦えるモリモトのてもちポケモンであり、Lv.75という強力なせいで苦手意識を持たれやすい。

09

ポカブを選んだ場合、タイプが被るので採用されづらい。

10

前作の御三家にヒコザルがおり、炎の猿という枠が被っている。

11

かえんほうしゃをわざマシンでなければ覚えない。

12

ほのおのいしで、いつでも進化させられる手軽さ。

13

XY以降のグラフィックにて、立ち姿の手つき。

14

発表した流れを考えると、そもそも石原恒和さんに嫌われている可能性がある。

15

同種の2匹はちゃんとした生態の説明文なのに、バオッキーのY&アルファサファイアのポケモン図鑑の説明文だけ『なぜか 甘いものが 大好物』とふざけたエピソードが添えられている。

 

16

バオッキーは炎タイプなので、最弱とはいえ水タイプであるコイキングとの相性も悪い。

17

御三家など、有名な炎タイプが多過ぎる。

18

炎タイプは違うタイプと組み合わせたほうが使いやすいのが現状であり、バオッキーは炎タイプ1本。

19

ポケモン総選挙720で発表されたポケモンは公式サイトに乗れるはずなのに、非公式発表だったバオッキーの画像はないという不憫さ。

20

生みの親の1人であるはずの石原恒和さんに「バオッキーには、もう少し頑張ってもらいたい」という無茶ぶり発言。バオッキーが何をしたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

バオッキーが720位で良かった、たった1つの理由

不名誉であるはずの称号ですが、バオッキーにとっては良かったのではないでしょうか。

 

これがもし719位だった場合、誰も話題には取り上げませんでした。

 

そうです。たった1つの理由、それはバオッキーに注目が集まったことです。

 

これはもはや、ゲッコウガ、ピカチュウ、バオッキーぐらいの注目度と言えるのではないでしょうか。

 

バオッキーの今後に期待ですね。

 

関連記事

アーケオスが中間15位、最終結果32位だった理由

ポケモン総選挙で1位になったゲッコウガの特性、技は?

ポケモン総選挙の順位一覧と人気が出た理由

マギアナの入手方法が判明

スポンサーリンク