USUM(ウルトラサン、ウルトラムーン)で、アブリーが『ねばねばネット』『ふんじん』を遺伝することが分かりました。

 

これにより、アブリボンを強化することができます。

 

アブリーに『ねばねばネット』『ふんじん』を遺伝させる経路を紹介します。

 

スポンサーリンク

【アブリー】ねばねばネット・ふんじんの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

『出典・ポケモンだいすきクラブ

 

アブリボンは、サポートに適したポケモンです。

 

専用技『かふんだんご』は、相手に投げつければ90ダメージですが、味方を対象とした場合は回復技となります。

 

こうした技があるため、ダブル向きのポケモンなのです。

 

ただ、もう少しバリエーション豊富な変化が欲しいところでした。

 

なんと、USUMから『ねばねばネット』『ふんじん』の変化技がタマゴ技として追加されました。

 

『ねばねばネット』は、出てくるポケモンの『すばやさ』ランクを下げることができます。

 

『ふんじん』は優先度+1の変化技であり、『ほのお』技を無効にして最大HP1/4を与える効果があります。

 

どちらもサポートとしては最適な変化技であり、『すばやさ』124のアブリボンには相性が良さそうです。

 

アブリーのタマゴグループは『虫』『妖精』なので、『虫』で『ねばねばネット』と『ふんじん』を覚えるポケモンを見つける必要があります。

 

『虫』で『ねばねばネット』を覚えるのは以下のポケモンたちです▼

イトマル(50)

アリアドス(58)

ツボツボ(1、53)

アメタマ(38)

アメモース(38)

コロトック(44)

クルミル(31)

クルマユ(31)

ハハコモリ(31)

デンチュラ(1)

※レベルはSM時

 

1番簡単なのは、イトマルですね。

 

また、『ふんじん』を覚えるのはビビヨンのみとなります。(レベル1か55)

 

よって、『ねばねばネット』と『ふんじん』を遺伝させるのなら、イトマルとビビヨンを用意する必要があります。

 

スポンサーリンク

厳選・育成論

アブリボンは『すばやさ』124なので、非常に素早いです。

 

また、『とくこう』が高いポケモンでもあるので、『おくびょう』が無難な性格でしょう。

 

ただ、他のステータスはガタガタなので、『きあいのタスキ』の採用が望ましいです。

 

ちょうのまい』を覚えるため、シングルでは『バトンタッチ』を利用するアブリボンが人気でした。

 

ダブルでの採用なら、『かふんだんご』『マジカルシャイン』『ねばねばネット』『ふんじん』あたりが優秀です。

 

スポンサーリンク

関連記事

【ゴマゾウ】10まんばりきの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【ミミロル】グロウパンチの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【シズクモ】ねばねばネットの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【モノズ】ゲップの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【ジグザグマ】しんそくの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【シキジカ】ずつきの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【リオル】コメットパンチの遺伝経路(USUMのタマゴ技)