2017年5月28日に放送されたポケんち第85回の内容と感想の記事になります。

 

ちゅうえいさん、嗣永桃子(ももち)さん、梁川菜々美さん、工藤遥さん、イチオーカ博士(市岡元気)が登場します。

 

スポンサーリンク

嗣永桃子(ももち)、梁川菜々美、工藤遥、ちゅうえい、イチオーカ博士(市岡元気)が登場

嗣永桃子(ももち)さん、梁川菜々美さん、工藤遥さんがポケんちに遊びに来てくれました。

 

ももちは6月末で芸能界を卒業ということで、ヒャダインさんもあばれる君も優しくします。(ちょっとわざとらしい・・・)

 

ももちがパンケーキを食べたいということで、注文することになります。

 

パンケーキを運んできたのは、アローラライチュウの格好をした『ライちゅうえい』でした。

 

お得意のギャグを飛ばしていると、またも外で実験の煙が立ち込めます。(イチオーカ博士、この実験だけはいつまで経っても成功しない・・・)

 

イチオーカ博士が登場したので、お決まりのポケモンサイエンスが始まります。

 

ライトニングサーフライドの『ふゆう』実験

イチオーカ博士は、ライちゅうえいが浮いているところを見た(?)ということで、『ふゆう』の実験を見せてくれることになります。

 

つまり、ライトニングサーフライドみたいにモノを浮かせるというのです。

 

実験に使うのは、落ち葉を吹き飛ばすのに便利なブロワーです。

 

その風の流れにビーチボール、電球(光った状態)、ペットボトル(中身あり)、メロンパンを乗せると、どれも浮くことができました。(モノによって、ブロワーの角度を調整していきます)

 

これらの共通点は、球体の部分が存在するということです。

 

これにより、風をうけると横にそれる風の流れがモノを中心に戻し、浮き続けることができるのです。

 

これを応用し、ブロワーを浮き輪の中心に仕込み、ホバークラフトの乗り物を作ります。

 

床から1mm程度しか浮いていませんが、床との摩擦がないので大人が乗ってもスムーズに動かせるのです。

 

しょこたんはそれを見て、「化学の力ってすげー」と名台詞の感想を述べました。

 

工藤遥VSしょこたん(シングルバトル)

1ターン目

しょこたんは色違いニンフィア(ドリドリ)、工藤遥さんはペリッパー(ペッパー)を繰り出します。

 

ペリッパーは特性『あめふらし』を発動します。

 

ニンフィアは『ムーンフォース』で、ペリッパーのHPを1にします。(きあいのタスキ発動)

 

ペリッパーは『おいかぜ』で、味方の『すばやさ』が2倍になります。

 

2ターン目

ニンフィアは『でんこうせっか』で、ペリッパーを倒します。

 

代わりに、オニシズクモが登場します。

 

3ターン目

オニシズクモは、『スーパーアクアトルネード』で、ニンフィアを倒します。

 

代わりに、パルシェン(バターやき)が登場します。

 

4ターン目

オニシズクモは『とびかかる』で、パルシェンのHPを8/10にします。(『こうげき』ランク低下)

 

パルシェンは『からをやぶる』で、『こうげき』『とくこう』『すばやさ』がぐーんと上がります。(『ぼうぎょ』『とくぼう』はぐーんと下がる)

 

5ターン目

パルシェンは『ロックブラスト』で、オニシズクモを倒します。

 

代わりに、ジュナイパー(モンちゃん)が登場します。

 

6ターン目

パルシェンは『つららばり』で、ジュナイパーを倒します。

 

結果、しょこたんの勝利です。

 

スポンサーリンク

ポケんち第85回の感想

工藤遥さんはポケモン初心者という割りに、とても渋いポケモンを使っていましたね。

 

オニシズクモは特殊の耐久性が高いので、出し方次第では非常に効果的なポケモンです。

 

パルシェンだと分が悪かったですが、今後も使い続けて欲しいポケモンですね。

 

さて、来週はレッド吉田さん、辻希美さん、寺田心さん、住田萌乃さんが登場します、お楽しみに。

 

ポケんち一覧に戻る

スポンサーリンク